あざらし備忘録。

渋谷ではたらく音ゲー大好きウェッブエンジニアがいろいろ思った事やった事を書いていくブログです

RubyMotionで実機デバッグする

久しぶりなのでライトな話題を...w

http://braitom.roon.io/ios 等を参考にして、provisioning profileを作成、DLした後からのお話です。 まだ作っていない方は作ってから参考にしていただけると。

Rakefile内を以下の記述を追記します。

Motion::Project::App.setup do |app|
  app.name = 'ExampleApp'
  app.identifier = 'com.yourdomain.exampleapp'
  app.codesign_certificate = 'iPhone Developer: Your Name (XXXXXXXXXX)'
  app.provisioning_profile = '/path/to/your/provisioning/profile/Example_App.mobileprovision'
end

identifierやcodesign_certificateはapple登録時に設定したものを利用してください。

この様に記述したら、次のコマンドを入力します(デバイスは繋いでおいてください)

(bundle exec) rake device

正しく実行されると、

*** Application is running on the device, use ^C to quit.

のようにターミナルに表示されると思うので、デバイス側で確認すると確かにアプリがインストールされています!

いやーやっぱりRubyMotionいいですね。全てコマンドで済むこの感じ。